MR2ちゃんねるに戻る  ■MR-S他に戻る■  最後のレスまで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る
トヨタF-1
1  えふわんダァ!!  2002/11/16(Sat) 21:39
2002年シーズン終了。
トヨタ製ミッドシップ最高峰の、
マシンを、その戦いを、
AW、SW、ZZW乗りたちはどう見た?

333  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2007/05/03(Thu) 05:36
>>10
334  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2007/05/03(Thu) 09:45
4月26日、TMG冨田会長が6月末で退陣、日本に戻ることが発表された。
トヨタアンチが集う、2chのモータースポーツ板のトヨタスレでは、
スパイ疑惑での、元フェラーリエンジニアの有罪判決を受けての、
トカゲの尻尾切りだ、との憶測が大勢を占めた。
一方、ラルフのインタビューによれば、ヨーロッパでは成績不振による解雇と受け取られているようだが、
ラルフは、昇級で日本に帰るんだよ、と語っている。
私は、冨田氏の退陣は、TMGの重役の8人中、7人が日本人で占められる事になった
今季の開始前に決まっていたんじゃないかと思っている。
トカゲの尻尾切りは、04年のシーズンイン前に、オベ・アンダーソンを始めとする、
その他の重役を退陣させた所で終わってるんじゃないかと。
で、ここからは私の憶測だが、実は、オベ・アンダーソンや当時のデザイナー、
グスタフ・ブルナーは件のスパイ疑惑に深く関わっていたのではないかと。
考えてみてほしい。トヨタはWRCにおいて、あからさまな規則違反を犯し、その年の選手権ポイントを剥奪されている。
その時も、オベ・アンダーソンは、あるメカニックが勝手にやった事で、
チームぐるみでやったのではないと強調していたが、

335  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2007/05/03(Thu) 09:45
私はチームが深く関わっていたと疑っている。
考えてみてほしい。アンダーソンがオーダーしてアルピーヌA110に似せて作らせたST205は、
重く、大きく、その年のデビュー時点で明らかに失敗作だったのだ。
アンダーソンの肝いりのST205が、だ。
その時、トヨタはTTEを追求し、ワークスチームとしての地位を剥奪しても良かったはずだ。
しかし、そうはしなかった。何故か。
それは、サファリラリー3連覇という蜜月があったからではないだろうか。
336  ななし@マターリ  2007/05/03(Thu) 21:56
トヨタF1のファクトリーには日本人エンジニアがいないって本当でつか?
金だけ出して丸投げってことかい?
337  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2007/05/03(Thu) 23:57
>>336
TMGのファクトリーには36ヵ国の人々が集まって働いてるって、
最近のプレスリリース?にも出てるようですね。
中にはアメリカと日本の両方に国籍のある日系人もいるみたい。
基礎的な研究開発はトヨタの東富士研究所で行われているので、
金だけ出して、あとは丸投げというのとは違うみたい。
ほかの乗用車メーカー系チームは、既存のプライベートチームに
自社のエンジニアを派遣し、自社のブランドを掲げさせるというやり方であり、
閉鎖的なF1界に新規に参入するよりは容易でかつ結果も出しやすいのだと思うが、
トヨタは、元はラリーチームであったTTEを改組していき、全くの新規チームとして参入した。
オベ・アンダーソンの物だったはずのチームが、04年にはその人自身が隠居させられ、
代わりに日本から重役が送り込まれ、今年の始めにはその数が増やされた事から、
TMGの将来は船頭多くして船山に登る状態と思われた。(実際は冨田氏が退陣する事になるのだが)
日本人重役を増やすのは、あくまでも日本のチームである事を強調するため、
と一般的には思われているようだが、
実際には、ヨーロッパの人が、彼ら達のやり方でチーム運営する事に対して、
日本側が危機感を募らせたからではないかと、私は想像している。
だからといって、日本側が、彼らの悪行を追求するまではしないのは、
>>335にも書いた通り、WRCにおける蜜月があったからだと、私は思っている。
338  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2007/05/24(Thu) 08:20
モナコGPが始まりそうなので、一応書き残しておこう。
スペインGPは2台ともリタイア。
トゥルーリは予選6番手と期待したのだが、フォーメーションラップを終えたあと、
燃圧の低下するトラブルが判明、グリッド上で手をあげ、スタート出来ないことをアピール。
もう一周、フォーメーションラップが行われ、トゥルーリはピットスタートとなった。
しかし、燃圧低下のトラブルは改善されず、わずか8周でリタイア。
ラルフは17番手からスタート、スタートで接触され、
さらにはノーズコーンが緩んでくるというトラブルでリタイア。
チームは今季はじめてノーポイントとなった。
339  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2007/05/27(Sun) 12:59
モナコGP
木曜日のフリー走行2回目でトゥルーリが4番手のタイムを記録。
予選に期待されたが、予選前のフリー走行は雨で、トゥルーリもラルフも後方に沈んでしまった。
雨があがりドライとなった予選もラルフはQ1で、
トゥルーリはQ2で敗退し、決勝はそれぞれ14番手、20番手からのスタートとなる。
チームは、予選前のフリー走行が雨でブレーキの確認ができなかったため、
トゥルーリのブレーキが不調をきたしていたことと、
狭いモンテカルロのコースでトラフィックに阻まれ充分なアタックができなかったのが、
予選の敗因と述べているが、雨はどのチームにも等しく降ったわけで、
それでブレーキがセッティングできないとは、トヨタは一体、何年F1に参戦してるのか。
トラフィックの問題にしても、今季不調のホンダのバトンは予選開始早々にコースインし、
一時はトップタイムを記録し、トヨタ勢より上のグリッドを得ている。
レースマネージメントのマズさが露呈した予選だったと言えるだろう。
これで、重タンの、ピットストップ回数を減らす作戦なのだとすると、
さらにレースマネージメントに対して疑問を持たなくてはならないだろう。
ま、結果によって評価は変わるが。
340  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2007/05/28(Mon) 13:28
案の定の展開であった。
後方からスタートしたトヨタ勢は、1ストップ戦略を採っていた。
結果はトゥルーリ15位、ラルフ16位。
私が、重タンのピットストップ回数を減らす戦略に懐疑的だったのは、
ここ数年のモナコのレース展開から言って、リタイアが続出とか、セーフティカーの介入とか、
そういう波乱の展開が期待できないからという一点からだけだったが、
チーム首脳の公式コメントは一体なんだ?
ここ数年の展開から、波乱を期待しての1ストップ作戦だと明言している。
私の認識との差は何なのだろう。
レースは、トゥルーリがスタートでストールしかかって順位を落とすところから始まった。
トゥルーリは予選からブレーキの不調をひきずっていて、レースも攻めきれなかったとコメントしている。
そして、重タンスタートもブレーキの不調を助長していたと、首脳は発言しているのだ。
結果的に、レース中、競り合っていたスーパーアグリは2ストップ作戦を採っていて、
それよりは上位で完走したから、後方スタートが決まった時点で1ストップ作戦を決意したのは、
間違いではなかったのかもしれない。しかし、完走しても、ポイントが取れないのであれば、
何位で終わろうが一緒だ。
341  340  2007/05/29(Tue) 00:51
木曜フリー走行2で4番手タイムを記録したトゥルーリが、予選で後方に沈んだのは何故か。
公式サイトの新居氏のレポートによると、フェラーリのライコネンがラスカスコーナーでストップ、
アタック中のトゥルーリが通過する頃にはライコネンのマシンは排除されているはずなので、
無線でトゥルーリには報告しなかったが、ラスカスの直前で黄旗が振られているのを見たトゥルーリは、
アクセルを緩めざるを得なかった、というのが一回目のアタックでの敗因。
ま、黄旗が出てるが攻めて行け、という指示は出し難いとは思うが、、、。
もう一度のアタックではブレーキがロックする症状が出て、満足のいくアタックが出来なかったそうである。
では、このブレーキロックの原因は何だったのか。
新居氏のレポートによると、木曜フリー走行の結果に慢心せず、路面変化の激しいモナコの路面に合わせて、
セッティングを煮詰めに入ったようである。
おそらくここでブレーキに関わるセッティングを変更したのが、裏目に出たという事なのだろう。
土曜予選前のフリー走行が雨で、ラバーグリップが減少したことも影響したという。
しかし、「けんさわのサーキット便り」を読んでみると、BSは、雨が降ったといっても、
気温が高めに推移しておりすぐに乾くので、ラバーグリップへの影響は少なめと読んでいたようである。
ん〜、この見解の違いは何なんだ。
チームは、前輪のグレイニング現象を気にしていたようで、しかし木曜にその心配はなかったので
安心した、と書いているが、もし、グレイニング対策としてセッティングを変更したのだとすると、
前サスのライドレートを下げたとか、前ウィングの迎角を少なくしたのだろうか。

次戦カナダGPの行われるモントリオールはブレーキの冷却が重要なサーキットである。

342  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2007/06/16(Sat) 00:35
カナダGP
2回目のフリー走行でトゥルーリのマシンの右前サスのアップライトに損傷があり、
原因の究明に力が注がれる。
チームは部品そのものが原因ではなく、アライメントなどのセッティングの変更で対応出来るとしたが、
二人のドライバーには、念の為に第8ターンをカットしないように指示をしたという。
フリーでの走り込みが充分なされないまま迎えた予選、ラルフはQ1を通過出来ず18番手、
トゥルーリはQ3まで生き残り10番手。
決勝、トゥルーリを後方から交わそうとしたクビサが接触。
クビサは大クラッシュを喫し、安否が心配された。
幸い、クビサに大事はなかったのだが、アメリカGPは欠場となった。
クビサのクラッシュの後、トゥルーリはSC中に単独でコースオフしてリタイア。
地上波の実況ではブレーキトラブルを疑っていたが、レース後のインタビューでは、
クビサの安否を心配したトゥルーリの集中力が下がったことによる物らしい。
ラルフはレース終盤、SAF1の佐藤にオーバーテイクされたものの、8位でフィニッシュ、
久々に1ポイントを得た。
343     2007/06/18(Mon) 16:04
追い越しペナルティかぁ。いつも思うけど、後出しじゃんけんっぽい発表がどうもスポーツっぽくないんだよね。

344  名無しさん@陽気な不良外人  2007/06/18(Mon) 16:48
>>343
つーか、上げんなタコ!
345  ナナシサン@浮気ゴコロ  2007/06/19(Tue) 09:02
アメリカGP
>>343
SAF1の佐藤選手の黄旗追い越しペナルティの話ですね。ドライブスルーペナルティが出された後、
リタイアしてしまったのでペナルティが遂行されなかったため、次のフランスGPで、
10グリッド降格のペナルティを科すと発表されたのですね。
佐藤本人は、オーバーテイクをしたのはバトンで、
自分はオーバーテイクはしていないと発言しているようですね。
で、その発端となった、スタート直後のクラッシュは、ラルフが発端だった。

トゥルーリ8番手、ラルフ12番手からのスタート。
ラルフはスタート直後の1コーナーでブレーキをロックさせ、
アウトから来たレッドブルのクルサードと接触してしまいリタイア。
トゥルーリはスタートで一つ順位を上げ7位を走行。
レッドブルのウェバーを巧みに抑えて力走する姿がTVに映し出された。
1回目のピットストップのタイミングから、燃料搭載量は多めだったようだが、
予選も決勝も、トゥルーリは好調だった。
05年のアメリカGPでPPを獲った時は、決勝を走らないのを前提とした超軽タンだった訳だが、
そのことを考えれば、随分進歩した、と言えるのかな(?)
終盤、ウィリアムズトヨタのニコロズベルグがマシン後部から出火しリタイア。
順位が一つ繰り上がり、トゥルーリは今季最高位の6位でフィニッシュ。
3ポイントを得た。
346  ナナシサン@浮気ゴコロ  2007/06/19(Tue) 09:35
サポートイベントとして行われたインディプロシリーズでは、スーパーアグリパンサーレーシングから
今季初参戦の武藤英紀がポールトゥフィニッシュ!!
TDPからはまだ目の覚めるようなニュースは聞こえて来ませんね…

同じ日、フランス、サルテサーキットで行われたルマン24時間レースは、
アウディとプジョーのディーゼルエンジン対決。
アウディが4年連続の優勝を手にした。
347  名無しさん@陽気な不良外人  2007/06/19(Tue) 22:20
ディーゼル強し!
348  名無しさん@陽気な不良外人  2007/06/20(Wed) 05:14
ルマンやってたの?
知らなかった・・・
テレ朝で見てたのが懐かしいな。
349  名無しさん@陽気な不良外人  2007/06/20(Wed) 22:13
ここまで来ると、過去レスも読まれなくなっちゃうよね。
149のアンカーを定期的か毎レス最後の行に付け足したらどうかね?
>>149

知らずに上げて、しまった!って思う人もいるかも。
それ以外の屑が上げたのなら、お天道様も見て見ぬ振りを為さるでしょう。


350  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2007/07/06(Fri) 22:41
フランスGPは
351  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2007/07/06(Fri) 22:51
フランスGPはトゥルーリが8番グリッドに付けたものの、
スタートで接触しリタイア。ラルフは11番グリッドからスタートしたが、
終始ホンダのバリチェロに行く手を阻まれたまま上位進出を果たせず10位。
今日からイギリスGP。
フリー2は最近には珍しくラルフ3番手、トゥルーリ4番手と上位に付けてる模様。
まだ結果は出てませんが。
352  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2007/07/07(Sat) 23:46
イギリスGP予選はラルフ6位、トゥルーリ10位。
決勝でラルフが何周目で最初の給油を行うか、そして、何位でレースを終えるのか。
今季ずっと低調だったラルフ。トヨタ、もしくはF1からの離脱の噂が絶えなかった彼だが、
とにかく、明日も良いポジションで終えられることを祈る。
353  ナナシサン@浮気ゴコロ  2007/07/22(Sun) 00:30
イギリスGP決勝は、ラルフが一回目の給油ピットインを終えて間もない22周目に
左前輪のホイール取り付けに関するトラブルでリタイア。
トゥルーリもラルフが抱えたトラブルに関する調査をするためにピットに戻り、
そのままリタイアとなった。
カナダではトゥルーリのマシンの右前アップライトに損傷があった。
その時は、部品の強度的には問題なかったという発表だったと思うが、
トゥルーリが、モントリオール特有の高い縁石に対応するための、新しい
セッティングを試みたために出た不具合だったのかと、私は推測していた。
しかし、イギリスでのトラブルは一体、何が原因だったのか。
パスカルバセロンのインタビューでは、ホイールが適切に固定されていなかった、
とのことだが、つまりピットの作業ミスだったのか?ならばトゥルーリを
リタイアさせる必要はなかったのではないか。
今年はホントにつまらない原因でリタイアが多すぎる気がする。
もうシーズンも中盤というのに。

で、ヨーロッパGP予選。
トゥルーリ8番手、ラルフ9番手。
チームの地元でのレースだが、あまり期待しない方がいいだろう。
354  ナナシサン@浮気ゴコロ  2007/08/09(Thu) 00:05
ヨーロッパGP
1周目に突然降り出した激しい雨にコースアウトするマシンが続出、赤旗中断となる。
レース再開後、ラルフはポイント圏内を走るも他車と接触しリタイア。
トゥルーリは再び雨が来ると読んで深溝ウェットを選択するも、予想は外れ、
浅溝への変更を余儀なくされる。結果は13位。

ハンガリーGP
予選はトゥルーリがQ2で、一回のアタックでセッションの3番手を記録、
早々にQ3進出を決めたが、Q3で9番手のタイムとなった。ラルフは6番手。
しかし、このGPでスパイカーからレースに復帰した山本左近を妨害したとしてフィジケラが、
ハミルトンを妨害したとして、ポールのアロンソが、それぞれグリッド降格のペナルティを科せられたため、
ラルフ5番手、トゥルーリ8番手からのスタートとなった。
ラルフはスタートで順位を上げるか、という活躍を見せたが6位入賞。
トゥルーリは揮わず10番手で終わった。
355  ナナシサン@浮気ゴコロ  2007/08/09(Thu) 00:36
6月、今年のグッドウッドの祭典はトヨタがメインスポンサーとなったようだ。
検索すると、トヨタのF1マシンと、インディカー、GT-One、TS010、ST165セリカGT-Fourが
宙吊りされたモニュメントの写真が出てくる。
7月、十勝24時間耐久レース。
トヨタはスープラのスーパーGTマシンをベースにハイブリッドのレースカーを仕立て出場。
スーパー耐久マシンに圧倒的な差をつけ優勝。
24時間、トラブルなく走り切れば優勝できる、余裕のレースであった。
今年のグッドウッドは、Gr.Cの25周年でもあったようだが、
出来れば今回のスープラHV-RのシステムをTS-020に搭載して、
来年のルマンにチャレンジして欲しいものだ。
もちろん日本車として2回目の総合優勝を目指して。
そのためには、中途半端な結果しか出せていないF1の参戦を中断してもいいと思う(^^;
356  ナナシサン@浮気ゴコロ  2007/09/11(Tue) 00:33
まったく、良い結果が出ないトヨタF1チーム。
トルコGPはラルフ12位、トゥルーリ16位。
イタリアGPはトゥルーリ11位、ラルフ15位。
富士の日本GPに向けての広報活動は活発で、地上波の実況中継のオープニングでは、
SMAPの木村拓也(かつて初代RAV4のCMに出演、RAV4はたちまち大人気車種となった。
先代及び現行カローラのCMにも出演している。)がトヨタF1マシンの前輪に腰を掛け、
富士のレースの魅力を語った。
フジTVはこれまで、常にホンダ寄りの実況中継を行ってきたが、
トヨタ所有の富士での開催なので、トヨタもお金を掛けたということなのだろう。
しかし、日本GPが近づくにつれ調子を上げてきているのはホンダのほう。
イタリアGPはバトンが8位入賞、バリチェロもトゥルーリを上回る10位で完走した。
357  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2007/09/29(Sat) 20:01
30年前、観客とオフィシャル、二人の死者を出してもなお、
中断することなく決勝レースが行われた事態に対する社会的反発もあり、
たった2回の開催をもって消滅した富士での日本GPが帰ってきた。
76年の初開催では、雨に見舞われ危険を感じたラウダは決勝を棄権したが、
レースは行われ、マリオアンドレッティがロータスに久々の勝利をもたらした、ということがあったけど、
今日の予選前のフリー走行は、大雨でヘリコプターが飛べないという理由で、開始5分で赤旗中断となった。
30年の、安全に対する意識の進化を感じた。
358  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2008/06/13(Fri) 06:27
トヨタは早くたこ焼きラバーを導入するんだ!
359  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2008/06/15(Sun) 21:06
たこ焼きラバー=現実化したイルカペイント、
でおk?
360  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2008/06/15(Sun) 23:04
6/11
南アフリカでクラシックラリーに出走していたオベアンダーソンが事故で死亡。
享年70歳。
361  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2008/06/24(Tue) 06:58
2008年フランスGP
トゥルーリが2年ぶりの表彰台、3位入賞。
362  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2008/10/28(Tue) 20:47
2010年以降、F1のスタンダードエンジン導入を示唆したFIAに対し、
トヨタは、F1からの離脱の可能性を示した。
その場合、ル・マンか、アメリカンル・マンへの参戦を検討しているという。
>>355の書き込みが現実味を帯びて来たかな?
363  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2008/11/02(Sun) 14:41
2008年最終戦ブラジルGP
トゥルーリが予選2番手、3年ぶりのフロントロー獲得。
364  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2009/04/25(Sat) 21:36
2009年第3戦バーレーン
トヨタフロントロー独占。
トゥルーリ1位、グロック2位。
365  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2009/04/25(Sat) 21:41
>>364訂正
2009年バーレーンGPは第4戦
366  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2009/11/05(Thu) 01:10
トヨタF1撤退。
結局、1勝も挙げられないまま。
今年は、惜しいところもあったし、ラスト2戦は日本人ドライバー小林カムイが、怪我したグロックの代役で出走。
欧州メディアも認める走りをし、最終戦ではデビュー2戦目にして6位入賞するなど、
これからを期待させる活躍をしただけに、トヨタの撤退は、実に残念である。
プレスリリースによると、TMGはヨーロッパのトヨタのモータースポーツ活動の拠点として存続、
F1以外のカテゴリへの参加は続けるとのこと。
また、これからトヨタは草の根モータースポーツへの支援を行なっていくようで、
先だっての東京モーターショーで発表されたFT-86コンセプトは、その予告編だったのでしょう。
惜しむらくは、それがハチロクの再来と銘打たれ、FRとして登場したこと。
この後に、ミッドシップスポーツ、MR2の再来があればなあ。
FRにはない緊張感と、それを乗り越えた時の速いコーナリング、
この味を体験した以上、FRには、ねぇ。
367  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2010/03/05(Fri) 07:24
2010年ジュネーブショー。
ポルシェはプラグインハイブリッドの918スパイダーと、フライホイール式KERSの911GT3Rハイブリッドを発表。
918スパイダーは、カレラGTのシャシーにRSスパイダーのエンジン、前後にモーターを搭載したミッドシップのスーパースポーツ。
ニュルブルクリンクを7分20秒台でラップするという。
911GT3Rハイブリッドは、ニュルブルクリンク24時間に参戦を発表。

ハイブリッドカーの提唱者たるトヨタは何をしているのか?
プリウスをはじめとする世界的なリコール問題で、それどころじゃないんだろうけど。
368  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2010/03/14(Sun) 01:06
2010年開幕戦、バーレーンGPが始まったが、そこにトヨタの姿はない。
セルビアのステファンGPが、トヨタが2010年シーズンに向けて開発していたマシンを買い、
新規チームとして参入する予定だったが、FIAにエントリーを受理されなかった。
昨年は、一昨年撤退したホンダを引き継いだブラウンGPがコンストラクターズとドライバーズの両タイトルを獲得したが、
ステファンGPが参戦出来ていたとして、どうなっていたか。
かつてのトヨタ7ターボのように、レースに出走することなく、陽の目を見ることなく、忘れ去られるであろう、
トヨタF1の2010年モデル。
ビッグマシンで争われた1960年代の日本GPの終焉と、現在の状況は似ているが、
違うのは、トヨタのF1マシンが、ドライバーの命を奪わなかったことだ。
369  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2010/06/25(Fri) 21:55
F1を諦め、スポーツカーやWRCに専念すると報じられたプロドライブ。
トヨタと組んでWRCに参戦するのでは、という憶測を、TMGは否定しなかった、
というニュースが流れたのが6月21日。
そして、今日、AW11の開発にも携わった、‘トップガン’GazooRacing社長の成瀬弘氏が、
ニュルブルクリンク近くの一般道で、レクサスLFAをテスト中に、
BMW3シリーズのテストカーと衝突、病院に搬送されたが死亡が確認された、
というニュースが流れた。

373  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2011/10/31(Mon) 13:31
ttp://ms.toyota.co.jp/jp/news/other/111014_news.html
2011年10月14日(金) 配信トヨタ自動車、2012年シーズンからFIA世界耐久選手権に参戦トヨタ自動車(株)(以下 トヨタ)は、2012年シーズンからFIA(国際自動車連盟)世界耐久選手権 (FIA World Endurance Championship)に参戦する。


ハイブリッドのTS020が現実化しそうですね。
374  ナナシサン@浮気ゴコロ@i  2012/01/26(Thu) 10:11
TS030がポールリカールで公開テスト。
木下代表は、今年の目標は性能を見せること、と語っている。
もちろん、ル・マンでは優勝を目指すが、という注釈は付くものの、
もっと、自信を持った発言をして欲しい。
F1でも、ずっと学び続けてた訳だし、今年は学びの年、と言うのはどうかと。
F1で得たノウハウと、他社に先駆けて出したHVの技術で打倒ディーゼル、くらい言って欲しい。
ま、F1で一勝でも挙げてれば違ったんでしょうけどね。
ともかく、頑張って欲しい。
377  ナナシサン@浮気ゴコロ  2014/12/01(Mon) 15:42
トヨタTS040、WEC2014年シーズンを、ドライバー、コンストラクターのダブルタイトル獲得で終える。
あとはル・マン制覇だけだなあ。

sage  pre  等幅 書き込み後もこのスレッドに留まる
名前: メール:


MR2ちゃんねるに戻る  ■MR-S他に戻る■  ページの先頭まで飛ぶ  レスを全部見る  最新レス100件を見る

readres.cgi ver.1.68
(c)megabbs
(original)